recent posts

オフコース・小田和正ー音楽と建築と思想ー

  1. architecture

小田和正-建築からの思想-

小田さんの大学院時代の話はオフコース・小田和正ファンなら誰でも知っている内容になってしまいました。まとめとして、小田さんの建築観・思想をまとめておこうと思います。これは小田さんが建築ではなく、音楽を選んだ理由と重なります。上述の東北大学の卒業設計の敷地選択はひとつのヒントになります。小田さんが建築や都市について語っていた内容で興味深い発言があります。僕の記憶している内容なので、出典は明らかではないのですが、”どんな素晴らしい建築を作っても次にその隣が気になる。そこだけ良くしても街全体は良くならない。都市全体を良くするには、単体の建築だけではダメなのだ。”という主旨の発言です。小田さんはモダニストなのだなと感じたのを覚えています。モダニズムの都市計画ではマスタープランがきちんと描かれていることが大前提です。今の日本の都市・世界の都市がその方法を踏襲しています。単体の建築を作るだけでは、建築家の建築観は完結できない。小田さんが参考にした京都会館は都市にあり、卒業設計「ART VILLAGE」の敷地は伊豆高原に設定されました。「ART VILLAGE」は小田さんの建築観・デザインを周辺の環境に左右されずに完結できる敷地に計画されているのです。小田さんの建築観は雑多な都市の中では成立しないと無意識に感じていたのでしょう。建築ではできなくても音楽なら自分の世界観は完結できる。それが、建築ではなく音楽を選んだ最大の理由だと思います。でも、と僕は思うのです。小田さんが建築家として生きていたとしたら、雑多な都市の中でどう建築があるべきか、それに立ち向かっていたのではないかと。それは小田さんの思想の部分に重なります。卒業設計というのは不思議なもので、何年たっても思い出します。学生の時に死ぬほどの思いをしながら純粋に建築と向き合った思いは建築家となった今でも消えはしません。いつもそこに戻っていきます。小田さんが死ぬ気で考えた卒業設計で掲げた日本文化の向上、その意思は今もたぶん変わっていません。それは音楽を選んだ今でも、心の中にずっとあり続けている強い思いなのだと思います。

次回は、小田さんと建築設計と音楽の作曲・アレンジについて書こうと思います。

※設計のご相談・ご依頼はcontactからお問い合わせください。

※1 建築ジャーナル2012年11月号より抜粋

※2 早稲田理工byAERAより抜粋

※参考文献 東北大学建築学科 創立60周年記念 卒業設計作品集

※参考文献 建築ジャーナル2012年11月号

※参考文献 早稲田理工byAERA

※参考文献 早稲田大学大学院理工学研究彙報(22)

※その他 学術論文ではないので、wikipediaも参考にしています

fig.1 https://ja.wikipedia.org/wiki/フランク・ロイド・ライト

fig.2 https://ja.wikipedia.org/wiki/立原道造

fig.3 http://touron.aij.or.jp/2017/04/3845  web 建築討論より

1 2

3

無料相談受付中!
FAR EAST Co,.Ltd.

戸建住宅・集合住宅・リノベーションから店舗・オフィス・テナントビル・土地活用まで、お気軽にご相談ください。他社提案プランのセカンドオピニオンも可能です。

ご予約はこちらから
HK

黒川浩之-Kurokawa Hiroyuki-
株式会社FAR EAST 代表取締役
一級建築士
1968年生まれ 東京都出身
横浜国立大学大学院修了

記事一覧

related posts

オススメの作家と本 (5)-小説・建築・etc-

正月やお盆などのまとまった休暇には、必ず建築の本を読むようにしています。といっても正月は父のところに行ったり、妻の実家に挨拶したりと時間があっという間に過ぎていきますが。…